テーマ:

犬用クリスマスケーキとトワイライトな一日

明日、クリスマスイブですね。 今日、23日はロッキーの誕生日です。例年は、少しだけ高いエサをあげて終わりなんですが。今年は、プレゼントしようと思い弟と相談。 結局、ケーキを買おうということになりました。 犬用のケーキって見た目、普通のケーキと変わらないので驚きました。 「トワイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盲導犬ー白黒の世界の中でー

 先日、初めて盲導犬と触れあいました。これまで、盲導犬は訓練を受けた特別な犬と認識していました。でも、パートナーさんに頭を撫でられて普通の飼い犬のように喜ぶ姿を見て考えをあらためました。    目隠しをしての歩行も体験したのですが・・・暗闇の中を歩くことに少なからず恐怖を感じました。最初は、歩くのが早すぎると文句を言いたくもなりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッキーの日常

 久しぶりに、ロッキーについて書きたいと思います。本当に久しぶりです。  「ロッキーごめんな」  ロッキーは、最近つまらないらしく。僕が、帰ってくるとやたらと吠えます。  まぁ、一日家にいるわけですから仕方ないのですが・・・  ロッキーの楽しみ:その一 食事             その二 散歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーナチュラル

 季節はずれですが、オカルト的なことを書きます。      僕は、すごく恐がりです。映画館でバイトしているのですが、スクリーンを一人で清掃するときもかなりビビってます。それなのに、何故だかオカルトが好きなんです。    といいながらも、子供の頃テレビで見た宇宙人が恐くてしかたなかったです。いまだにあの映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い鼻のロッキー君(遺伝子の不思議)

 ロッキー君の鼻は、今現在赤色です。  何故、こんなことを書くのかというと、数年前ロッキーの鼻の色は幼少期は黒だった疑惑が浮上したからです。  ことの発端は、夕方のニュース番組。ラブラドールのチョコレート色の特集を放送していました。  それによると、オスが黄色で鼻が生まれつき赤い。そして、メスが黒だとその子供はチョコレートにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッキーの呼び名

 僕がロッキーを名前で呼ぶことはあまりありません。  その時の気分などで、呼ぶ愛称が変わります。  キーが一般的です。ロッキーは呼びにくいので・・・  子供の頃は、それこそ好きなアニメのキャラクターの名前などで呼んでいました。  最近は、きちなどと読んでいます。これは、近所を徘徊するネコ(♀)に勝手にネコ吉と名づけたことに由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕、実は犬と喋れるんです。

犬を飼ってる人ならば、わかると思うのですが。 会話をすると思うんです。「僕、実は犬と喋れるんです」というわけではないですが。 昔はよくロッキーが喋れる設定で、会話をしました。(その時は、僕or弟がロッキーのセリフを喋ります。) 例えば ロ「今日は、おなかが痛いからほっといてくれ」 僕「どうしたの?」 ロ「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬の就職活動

ふっと、先日思いついたのです。 『犬は、生まれてすぐ就職活動するのでは』と。 ロッキーの履歴書 年齢;生後二ヶ月 特技;イヤイヤながらの愛嬌 特徴;タンチョウヅルに頭の模様が似ている。 志望動機;なんとなく、平凡な家庭で暮らしたいから。 結果合格 契約内容 散歩一日二回、食事二回~三回 というわけで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白と黒ーカラオケの激突

家の愛犬ロッキーは、番犬としてのスキルが高いんです。 車の音を聞くと吠えまくる。まぁ、実際エサをもらうとだれにでも、尻尾をふるのでやくには立ちませんが。 平日の昼下がり、庭に侵入してきた不審者に吠えるロッキー。 不審者の手には、大好物のクッキーがそれを目にしたとたん、お座り、お手、一連の動作をすば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬 VS 植物

 イングリシュ・スプリンガースパニエルのロッキー(雄、茶毛、赤鼻) 特技 無駄吠え            VS  植物(種類、ハゴロモジャスミン、この地に根付いて十数年) 特技 蔓 ロッキー「先手必勝」      敵の本拠地に乗り込む  ロッキー「余裕」 ロッキー「はっ、出られな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

空き巣猫VS負け犬の遠吠え

 散歩から、帰って夕食を食べていると。突然、ロッキーがほえ始めた。 吠えること事態は珍しくない。無駄吠えは、ロッキーの唯一の特技と言っても過言ではない。 目覚ましが、なくとも必ずこれで目がさめる。まぁ、かなり近所迷惑な話だが・・・  しかし、その時の鳴きかたはいつもと違った。(吠えるというより、うなるの方が適切かもしれない) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハプニング編ー2 出血多量

 数年前の真夏日、ロッキーはその長毛のせいで夏バテ気味。  それを打開しようと、ペットショップに向った。  いつもと違う雰囲気を感じ取ったのか、キーは朝からハイテンション。    リードをつけて家を出ようとした瞬間ー僕は、気絶しかかった。鼻に鈍い痛みを感じて、手で触ると手のひらが真っ 赤に染まった。ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハプニング編ー1破壊工作

 十何年も一緒にいると、少なからずハプニングがおこります。小学校の頃は、4、5回泣かされました。 最初のハプニング・・・泣かされたのは、僕が小四の頃。その頃は、ロッキーは成長期で、散歩に連れて行っても引っ張られて大変、転ぶのも日常茶飯事だった。(別に、それで泣いたわけではないです)  学校の図工の時間に宿題がでて、帰ってすぐ作りはじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出会い編ー2完結

 うちの愛犬ロッキーは、遠吠えを一度しかしたこがない。たぶん、やりかたを忘れてしまったのだろう。  テレビで、「生後三ヶ月までは、親から離さないほうが躾けが簡単」と言っていた。    僕がロッキーと出会ったのが、三月。ロッキーの誕生日が12月下旬だから、生後1ヶ月程度で親元から離された、計算になる。それは、すごく残酷なことだと思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出会い編-1

初めまして。これから色々なことを書いていきたいと思います。 僕は、とても飽き性です。故に、何かについてずば抜けた知識を持ってはいません。 だから、最初は唯一続けられていること?について書きます。  彼と最初に会ったのは、十二年前、僕が、小学三年生の頃。 引っ越して、犬が飼えることになり、ペットショップに足を運んだ僕は、すぐに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more