僕、実は犬と喋れるんです。

犬を飼ってる人ならば、わかると思うのですが。
会話をすると思うんです。「僕、実は犬と喋れるんです」というわけではないですが。

昔はよくロッキーが喋れる設定で、会話をしました。(その時は、僕or弟がロッキーのセリフを喋ります。)

例えば

ロ「今日は、おなかが痛いからほっといてくれ」

僕「どうしたの?」

ロ「・・・」

弟「どうせ、拾い食いしたんだろう。本当に卑しい犬だ」

ロ「くぅ、バカにするな。オイラは、友達思いの忠犬だ」

僕「ロッキーどうしたんだよ。腹が黒くなってる」

弟「まさか、腹黒すぎて、毛の色が突然変異したんじゃ」

ロ「動物園に住んでいる友達のバクが体調不良で変わりに悪夢を食べた」

僕「だれの夢?」

ロ「・・・・・」

弟「まさか俺の悪夢を。ロッキー」
弟はロッキーを抱きしめる。(おわり)

画像



すみません。稚拙な想像力で。でも、こんな感じで遊んでいたら、それを聞いた近所のおばさんが大笑い。それ以来、人目のつくところではしていません。本当です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック